水土里ネット島根(島根県土地改良事業団体連合会)では、農業の生産性と農村地域の定住条件の向上をはかっていきます。

 

第23回(令和元年度)

 

最優秀賞

最優秀賞
 
人物部門 「朝の収穫」
撮影地:出雲市斐川町坂田
行長 好友
 
画面構成が素晴らしい作品です。
ブロッコリーを手にして、茎を削いでいるカマと手袋が印象画面となりました。
望遠レンズでしょうか、背景のボケが適度によく、早朝の雰囲気が上手く撮れています。又、手袋の位置もよく、背負いの大きなプラスティック製のカゴが農婦と一体となって働く力のようなものを見せています。
この作品の良さは、顔の表情が見えないことにより、どんな人だろうかと想像させるところにあります。
この作品は最初から、多くの審査員が見つめた印象的な作品であり、多くの応募作品の中でもひときわ目立っていました。
作者の努力が見られる作品でした。
 
(写真家/川本 貢功)
 

特別審査委員賞(佐野史郎)

特別審査委員賞(佐野史郎)
 
風景部門 「苔」
撮影地:鹿足郡津和野町
三浦 秋男
 
「しまねの農村景観フォトコンテスト」の審査に参加させていただくようになって四年。これまでの「佐野史郎賞」は、意識してはおりませんでしたが、全て少年が被写体となっておりました。
はじけるような笑顔や真剣な眼差しに惹き寄せられ、迷うことなくすぐに選ぶことができておりました。
ところが、今年はかなり悩みました。
例年のように、シャッターを切る人との信頼関係がうかがえるような、純粋な表情の人物写真は、いつものようにすぐに選ぶことができたのですが、この、屋根瓦に生えた苔の写真はそれ以上に強く引っかかったのです。
家屋を風雨から守るために生まれた人工物の瓦と、そこに付着した地衣類との出会いに、この世ならざるものが現れたかのように映り、驚かされたのです。
「どうしてこのようなものが存在しているのか?」という、素朴な不思議と奇跡を感じさせてくれ、同時にそれを切り取った撮影者の存在もまた尊く感じられるのでした。
 
(特別審査委員:佐野史郎)
 

部門賞

部門賞
 
風景部門
風景部門 「朝一番の畑仕事」
撮影地:鹿足郡津和野町中座
道信 猛夫
 
早朝の風景がこれだけ撮れたのは、この日の環境がよく、自然界の描写としては最高の条件であったからでしょう。
朝の太陽は画面の中心上にあり、左側の小屋でしょうか、木々の立ち位置もよく、加えて人物像の杖までが人間の何かを物語っているようで、メルヘンの世界を見ているような、良い作品となりました。
農村にもこのような素晴らしい景観があるということを教えられたような作品となりました。
人物がこれだけ作品を高揚させた素晴らしい作品となりました。
 
(写真家/川本 貢功)
 
人物部門
人物部門 「さんぽ」
撮影地:雲南市
宗政 裕也
 
夏の日でしょうか、軽装な姿で山羊、二頭を散歩させています。これぞ農村であるからこそ見られる風景です。
白いタオルと、白い長靴が、更に白い山羊と白色系の色彩が印象的な画面となって成功しました。
右側の山羊の対面的な表情と左側の山羊の対比もよく、加えて空の青空と積乱雲の描写のよい作品です。
全体の半分以上が緑で構成されており、ダイナミックな色彩となり画面全体を引き立てているよい作品です。
 
(写真家/川本 貢功)
 
地域活性化部門
地域活性化部門 「祭りの主役」
撮影地:出雲市湖陵町差海
後藤 孝司
 
祭りがこのような角度で撮られたのが、素晴らしいと思います。画面全体が飾りもので一杯であり、その中心に人物像の主役が一人、又、右側の方に縄に手を出している人と、相乗効果を高めています。
主役の激しい姿と足の位置が印象的に撮れています。湾曲した花飾りが、広角の視角の中で色彩濃度を高めており力強い作品となりました。
何れにしても発想がよく、普通では飾りが真っすぐに立ったものを見る事が多いのですが、これから立てるのが見られる珍しい作品となりました。努力の作品です。
 
(写真家/川本 貢功)
 

審査委員賞

審査委員賞
 
島根県緑化推進委員会会長賞
風景部門 「錦秋の河畔」
撮影地:浜田市三隅町下古和
佐倉 光久
 
川本貢功賞
人物部門 「大鯉だわ」
撮影地: 出雲市斐川町三分市
金築 哲
 
岩下直行賞
風景部門 「我が家の干し柿」
撮影地:松江市宍道町佐々布
鶴島 里子
 
伊藤ユキ子賞
風景部門 「秋のデザイン」
撮影地:松江市宍道町佐々布
安田 朝行
 
日高敏彦賞
人物部門 「仲良し」
撮影地:仁多郡奥出雲町上阿井
白鹿 司
 
島根県農林水産部技監賞
風景部門「朝霧」
撮影地:出雲市斐川町
藤江 松男
 
水土里ネット島根専務理事賞
人物部門 「直会」
撮影地:松江市
立花 伸一
 

入選

入選
 
風景部門 「燃える出雲平野」
撮影地:出雲市斐川町出東
田中 作夫
 
風景部門 「真夏の流星」
撮影地:出雲市斐川町福富
勝部 美智夫
 
風景部門 「収穫を待つ」
撮影地:大田市三瓶町池田
橘 重孝
 
人物部門 「野良支度」
撮影地:邑智郡邑南町上田
山崎 秀司
 
人物部門 「休憩」
撮影地:雲南市大東町仁和寺
藤原 靜雄
 
地域活性化部門 「祭日」
撮影地:邑智郡邑南町矢上
武田 節朗
 
地域活性化部門 「攻防」
撮影地:鹿足郡吉賀町柿木村下須
西尾 透
 

佳作

佳作
 
風景部門 「田園の物語り」
撮影地:仁多郡奥出雲町竹崎
佐藤 正美
 
風景部門 「ほし柿の里」
撮影地:松江市東出雲町上意東
門脇 正晃
 
人物部門 「ザリガニいるかなァー」
撮影地:益田市高津町
長谷川 公子
 
人物部門 「帰り道」
撮影地:雲南市吉田町菅谷
渡辺 敏美
 
地域活性化部門 「祭りの日」
撮影地:出雲市唐川町
青戸 繁
 
地域活性化部門 「ガッチ祭り」
撮影地:松江市島根町野波
安達 彰
 

山陰フジカラー賞

山陰フジカラー賞
 
人物部門 「菜の花と親子」
撮影地:出雲市斐川町伊波野
田坂 将
 

SNS賞

SNS賞
 
「鏡面棚田、天の川を添えて」
撮影地:鹿足郡吉賀町
(大井谷棚田)
s_mineta
 
「鏡に映る風景」
撮影地:仁多郡奥出雲町大馬木
(金言寺)
yuzukawa4
 
「ジイチャンの軽トラで」
撮影地:雲南市大東町川井
yu521.s
 

応募状況

応募状況
 
応募作品総数

509点
一般応募 風景部門 213点
人物部門 104点
地域活性化部門 97点
SNS応募95点
応募者数155人
   
総評
全応募作品について、色彩もよく、シャッターチャンスもよい作品が集りました。
最近のデジタルカメラは従来のフィルムカメラのように、露出とか絞りとかピントとかは関係なく撮れるようになりました。
デジタルが世に出て約20年ですが、フィルムのように枚数を気にすることなく何枚でも撮れるので、数多く撮影してその中からよい作品を選ぶようになってきています。
ただ、そうは言っても、フィルムカメラのように限られた枚数の中で慎重にシャッターを切る姿勢が欲しいものです。と申し上げますのは、何枚か撮影する前後の作品には手振れすることも度々あるからです。特に朝日や夕日を題材としてカメラを向けるとブレが多いようです。
今回上位に入選した作品は、慎重に対峙して撮られた作品となっていました。また、選外となった作品にも印象的な作品が多数見受けられましたが、トリミングの仕方、色調の見せ方等、さまざまな要素がアート作品として少し欠けている場合がありました。
かつては、多くの芸術写真家によって、写真は「光と影の交錯」であり、明暗のハーモニーであると言われました。このような風景的な情景は農村景観には多くあると思われます。近代における農業は、大部分が機械化され、山村の段々畑等にも小型の機械が入っていますが、中には手仕事の作業も残っています。これらが農村景観となって見る人に感動を与えるように撮影ができれば、最高だと思います。
どんなジャンルであっても写真こそは最も社会生活の中で自然を記録し、報道して発表し批判するのに適した芸術であるとも言われながら、近年は一世を風靡した「サロン写真」も影を潜めて近代写真に移り変わってきました。
このことは、農村景観やすべての作品がデジタルになったことが大きな要素となり、スマホ等であらゆる場合でもシャッターを押せば大人から子供まで自由に立派な写真が写せるようになったことから、最近の写真は写り過ぎるという言葉を多く耳にするようになりました。
このような時代に時代考証的な写真はもっとも重要になってきていますし、従来のように苦労して田植えをする訳でもなく機械がしてくれる時代で、農村の景観の移り変わりは早く、その現場を切り取るような作品がこれからの農村景観全体に求められるようになってきました。島根県は多く田園風景が残っていて題材も豊富で、さまざまな祭り等も多くあるので、これらにゆっくりと対峙して撮ってほしいものです。回を重ねるごとに応募作品の傾向も変わってきましたが、見る人に感動を与えるようなこれぞ島根の農村風景だと言う作品が見られることを期待しています。
 
(写真家/川本 貢功)
<<島根県土地改良事業団体連合会>> 〒690-0876 島根県松江市黒田町432番地1 TEL:0852-32-4141 FAX:0852-24-0848